F.Poulenc – Sextuor pour flûte, hautbois, clarinette, cor, basson et piano, FP 100: 3rd mvt. Finale

F.Poulenc - Sextuor pour flûte, hautbois, clarinette, cor, basson et piano, FP 100: 3rd mvt. Finale

フランスの作曲家 フランシス・プーランク (1899 – 1963) の室内楽作品『六重奏曲 FP100(1931-32, rev.1939)』より第3楽章ですープーランクの管弦楽曲の作曲は, 1918年 WW1の終結から平和と活気を取り戻したパリと共にありましたサティやラヴェルとの出会い, 6人組の出発点, 画家 ピカソらとの共同活動, 詩人 コクトーのサロン…この刺激的な『狂乱の時代』が”甘美にしてけしからぬ音楽”を憧憬するプーランクに齎した影響は計り知れません演奏:Berlin Philharmonic Wind Quintet, Stephen Houg (pf)← 前 ペイコ sm30896556 | smxxxxxxxx フォルバッハ 後 →

2019年10月21日 15:25:02 投稿

Source: 新着投稿動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です